HOME > ROUTE COUNTRY > trad style

ROUTE COUNTRY

2017.09.27

trad style

年齢と共に、その場面に合わせてスタイルに変える方も
多いのではないでしょうか?
私も来年で33才になりますので、そういった事が増えてくる頃です。
場面に合わせてスタイルを変えるのも洋服の楽しみですね。
新たなスタイルを取り入れる事も、本当大切な事だと思います。

 

本日のルーカンは、私木部よりアイテム&スタイルを紹介させて頂きます。

 

 

まずは足元、【Tricker’s】Stow 5634/2 83,160yen
Tricker’sの定番ウィングチップモデル。
数年前にも取扱いをしていたブランドですが、再び取扱いがスタート。

 

 

パンツには、【KIFFE】Officer Tapard Pants 11,880yen
これは本当万能なパンツですね。
スタイルの幅を広げてくれる今後定番になりうるであろうモデルです。

 

 

シャツには、【INDIVIDUALIZED SHIRTS】Standard Fit B.D. Vintage Denim 28,080yen
アメリカのボタンダウンシャツと言えば、インディビのシャツは外せません。
トラッドにもカジュアルにも着れるアイテムですし、
こちらはデニム素材を使用しているので、ガンガン洗って着続けたい一品。

 

 

そしてアウターには、【MOJITO】Al’s Coat Bar.13.0 63,720yen
今季とても評判の良いアウターの一つ。
一見シンプルなコートですが、着ると雰囲気が格別です。
MOJITOでは定番のモデルとなっておりますが、
今回は大胆なアップデートをし、着丈の短さが大きな特徴です。

 

今シーズンは、様々なスタイルを楽しんで勉強をしていきたいと思っています。
勿論、ゴリゴリのアメカジスタイルも紹介させて頂きます!
いつもご覧頂きありがとうございます。
本日も宜しくお願い致します。